logo

戸建住宅のEV充電設備について

ディーラー様からも工事を請負っております。お見積無料、工事費込み7万円~の安心価格
専門のスタッフがアドバイスし、安心・安全・快適に工事を行います。

ご質問・ご相談は、0120-782-962 まで

営業時間

平日 9:00~17:00 
携帯電話からもOK

⇒ 充電設備の選定にお困りの方!
⇒ 充電設備の設置工事業者でお困りの方!無料見積りいたします。
⇒ ご相談やご質問だけでも結構です。お気軽にご連絡下さい。

Webで申込み

土日祝日に関係なく24時間受付中

【戸建住宅】無料見積のお申込み

まずは、お気軽にお申込み下さい。

戸建住宅向けEV充電設備

安心

ディーラー様からの工事も請負っておりますので、安心してご依頼して下さい。
お見積りは無料です。ご自宅の既存設備に充電コンセント(200V)を設置するなら、全て込みで7万円~の安心料金をお約束いたします。

安全

当社の施工基準を満たした専門のスタッフが安全な設置工事をお約束いたします。
無理のない設置工事でお客様の建物にも優しい安全な工事プランをご提案させていただきますので、じっくりとご検討下さい。

快適

EV充電設備の利用はほぼ毎日の事になります。
利便性も考えた設置場所や設置方法をご提案させていただきます。
EVをもっと身近に快適なEVライフをお約束いたします。

お申込みから利用開始までの流れ

  • STEP1
    お申込み
    ご質問、ご相談があれば、まずはお気軽にご連絡下さい。
    お名前・ご住所・ご連絡先等のご確認
  • STEP2
    現地調査
    配線ルートや設置場所のお客様のご要望をお聞きいたします。
    所要時間は、約1時間~2時間程度
  • STEP3
    お見積・ご契約
    調査内容に基づき、工事費のお見積を提出いたします。
    当日又は後日お見積後にご契約です
  • STEP4
    設置工事実施
    お客様のご希望のご指定日時にで設置工事を実施いたします。
    工事時間は、3時間~10時間程度
  • STEP5
    ご利用開始
    点検及び操作説明後に利用開始!充電のご利用が可能となります。
    快適なEVライフを満喫ください!

取り扱いEV充電設備

日常のお車の利用状況(走行距離など)や現在の住宅の配電盤(電気設備の容量)など状況に合わせ、専門のスタッフがご提案をさせて頂きます。

EV・PHEV充電用 屋外コンセント


抜け止め・引掛タイプのように回転させなくても、挿入するだけでロックできます。

・200V用 15A・20A兼用 接地屋外コンセン(露出・埋込両用) 20A 250V AC
・100V用 接地屋外コンセン(露出・埋込両用) 15A 125V AC

色:ホワイトシルバー、シャンパンブロンズ、ホワイト、ブラック ※写真はホワイトシルバー

標準設置工事費 7万円~(商品代+部材代+工事代)

EV・PHEV充電用 屋外コンセント+専用ポール


壁面など設置面が無い場合は、専用のポールに設置することも可能です。抜け止め・引掛タイプのように回転させなくても、挿入するだけでロックできます。

・200V用 15A・20A兼用 接地屋外コンセン(露出・埋込両用) 20A 250V AC
・100V用 接地屋外コンセン(露出・埋込両用) 15A 125V AC

標準設置工事費 12万円~(商品代+部材代+工事代)

EV・PHEV充電用 充電器


6kW出力モデルなら充電スピードが2倍で充電が出来るので短時間で充電が可能となります。
ケーブル付きで充電の作業も便利です。

・6kW出力モデル 標準タイプ ケーブル長:5m
・3kW出力モデル 標準タイプ ケーブル長:5m

標準設置工事費 27万円~(商品代+部材代+工事代)

EV・PHEV充電用 V2H(充放電器)


V2Hとは「Vehicle to Home」の事で「車から家へ」という意味です。
EV・PHEVをフル活用!「もしも」の停電時もEV・PHEVに蓄えた電気を家庭に放電し電気が使えるからとても安心!とうぜん充電も可能で2倍のスピードで充電できます。

・プレミアムモデル 単相3線 AC 202V/AC 101V 出力6kW未満 Wi-Fi仕様 ケーブル長:7.5m

標準設置工事費 120万円~(商品代+部材代+工事代) ※補助金適用前

標準工事内容

EV充電器設置に伴う標準工事の主な内容


  • 充電器本体(200V/15Aコンセント・200V/30A充電ケーブル)
  • EV専用分岐用ブレーカ本体(20A・40A仕様ELB)
  • 配線ケーブル(VVF2.6-2C・CV8sq-2C使用)
  • 充電器本体設置工事(壁又はカーポート柱に設置)
  • EV専用ブレーカ設置工事(分電盤内の空き回路スペース)
  • 屋内配線用モール配管工事(3m以内)
  • 床下配線工事(7m以内)
  • 分電盤から充電器本体までの配線工事(10m以内)
  • アース配線工事 IV1.6(分電盤より)
  • 試運転(車両がない場合は計測器にて確認)

※基本的に隠ぺい配線にて施工しますが、建物構造及び配線経路上不可能となる場合がございます。

主なオプション工事

EV充電器設置に伴う主なオプション工事の内容

名称 内容 追加費用
EV専用分岐ブレーカ用ボックス 専用回路に空きがない場合 6,000円
3m以上の屋内モール配線 壁貫通までの距離3m以上 800円/m当り
10m以上の配線 分電盤⇔充電器の距離10m以上 1,500円/m当り
特殊な隠ぺい配線・配管 困難を要する隠ぺい配線の場合 2,000円/m当り
屋内スイッチ(盗難防止) 屋内にスイッチが必要な場合(3kWタイプのみ) 15,000円
スイッチガード(盗難防止) 屋外スイッチのカバーが必要な場合(3kWタイプのみ) 20,000円
コンセント用専用ポール コンセントの設置場所がない場合 30,000円~
電力契約変更 電灯契約容量を変更する場合 15,000円
主開閉器の交換 契約容量変更に伴い変更が必要となる場合 30,000円
幹線の張替え(引込点より) 契約容量変更に伴い変更が必要となる場合 45,000円(10m以内)以降3,000円/m当り
分電盤の交換 分電盤の交換が必要となる場合 35,000円~

※その他の工事につきましてもご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。

EV充電設備のサービス内容

集合住宅向け充電設備

オーナー様も入居者様も初期費用の負担ゼロ!
設備保全、保守・メンテナンスすべてお任せ!

戸建て住宅向け充電設備

ディーラー様からの工事を請負っております。
お見積無料、工事費込み7万円~の安心料金

施設・店舗・事務所向け充電設備

顧客集客の必須設備と成り得るEV充電設備!
検討から設置までトータルサポートします。